このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 8 Pro のバックアップ DVD-ROM とパッケージ版 DVD-ROM の違い

対象プロダクト:Windows 8
カテゴリー:製品レポート

バックアップ DVD-ROM について

Windows 8 をダウンロード購入すると、ISO イメージがダウンロードできますが、有料(1,589円)で「Windows 8 バックアップ DVD-ROM」も購入できます。
ISO イメージはインストール時が 32bit/64bit のどちらかでダウンロードできる ISO イメージが決まりますが、「Windows 8 バックアップ DVD-ROM」 は 32bit/64bit の両方の DVD-ROM が入っている点や、焼いたものではなくちゃんとした DVD-ROM で保管した方が、劣化などに対する安心感もあります。
「Windows 8 バックアップ DVD-ROM」 は注文から約2週間ほどで郵送で届きます。

郵送で届いたバックアップ DVD の封筒

バックアップ DVD-ROM の内容

バックアップ DVD-ROM 自体は水色の簡素な紙製の2つ折りのケースに収められており、左側に 32bit 版、右側に 64bit版 のメディアが格納されています。

バックアップ DVD のケースの表
バックアップ DVD のケースを開いたところ

DVD メディアのデザイン自体はパッケージ版と殆ど同じですが、表面には「バックアップディスク」と記されています。

バックアップ DVD を取り出したところ

なお、中身はダウンロードした 32bit および 64bit の ISO の中身と全く同じです。つまり ISO で保存しておくだけの人はバックアップ DVD-ROM を購入する必要はありません。

バックアップ DVD-ROM での新規インストール

パッケージ版(アップグレード版)もバックアップ DVD 版もアップグレードだけではなく、DVD から起動して、新規インストールも可能ですが、バックアップ DVD 版で新規インストールした場合はアップグレード版のプロダクトキーでは「ライセンス認証ができない」(エラーコード:0xC004F061)という制限があります。

ライセンス認証不可

そのため原則、バックアップ DVD 版で Windows 8 をインストールする場合、アップグレード対象の OS 上からインストーラーを起動してアップグレードを行う必要があります。
※なお、パッケージ版 Windows 8 の DVD-ROM の場合、アップグレード版のプロダクトキーであっても DVD 起動での新規インストール、ライセンス認証は可能でした。
詳細は以下の記事に記しています。
Windows 8 アップグレード版でクリーンインストールする

公開日時: 2013年06月16日  13:49:14

このエントリーをはてなブックマークに追加
システムの割り込み(遅延プロシージャ呼び出し、割り込みサービスルーチン) | Windows 8.1 のリリース日が2013年10月18日に決定

Windows技術情報の一覧に戻る

「製品レポート」に関する他の技術情報
技術情報のカテゴリ

このページのトップに戻る