このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Server 2012 を VHD ブートでインストールする

対象プロダクト:Windows Server 2012
カテゴリー:仮想化技術

VHDとは

VHD は Virtual Hard Disk の略です。
Hyper-V の仮想ハードディスクドライブの形式(拡張子vhd)として使われます。
VHD から直接起動することを「ネイティブ ブート仮想ハード ディスク」と呼びます。
この記事では単にVHD ブートと呼ぶことにします。

VHD ブートのメリット

従来の物理ディスクブートに対する VHD ブートのメリットは以下が挙げられます。
  • 物理的なディスクを用意したりパーティションを作成する必要がない
  • 手軽に複数の OS のマルチブート環境を構築できる
  • ディスクドライブのまるごとバックアップ、リストア、移動が手軽にできる
  • 複数の OS をインストールしても物理ハードディスク上ではフォルダやファイルが散らからない

VHD ブートのデメリット

逆にデメリットは以下です。
  • VHD に対応した OS でマウントしなければ中身を参照できない
  • VHD ブートに対応した OS がまだ少ない(Windows 7 Ultimate、Enterprise 以降)
  • 物理ディスクに比べるとパフォーマンスが落ちる
  • ダイナミックボリュームや休止状態が使用できないなどの制限事項がある
  • VHD にインストールした Windows はアップグレードができない

Windows Server 2012 を VHD ブートでインストールする手順

Windows Server 2012 の DVD-ROM から起動し、セットアップ画面が表示されたら Shift + F10 を同時押しし、コマンドプロンプトを表示します。

1. 以下のコマンドで diskpart を実行します。

diskpart

2. 以下のコマンドで disk の一覧を表示すると、60GB の disk 0 があることが分かります。

list disk

list disk

3. disk 0 を選択します。

select disk 0

select disk

4. 以下のコマンドで 60GB のパーティションを作成します。

create partition primary size=60000

create partition

※以下のコマンドでパーティションが「Volume 1」として作成されていることが確認できます。

list volume

list volume

5. 以下のコマンドで NTFS でクイックフォーマットします。

format fs=ntfs label="VHD" quick

format

6. 以下のコマンドでドライブレターとして「C」を割り当てます。

assign letter=c

assign letter

7. 以下のコマンドでファイル名 win2012.vhd、最大サイズ50GB、容量可変の仮想ディスクを作成します。
※安全のために、仮想ディスクの最大サイズは格納先の物理ボリュームよりも小さいサイズにします。

create vdisk file=c:¥win2012.vhd maximum=50000 type=expandable

create vdisk

※以下のコマンドで作成した仮想ディスクが「仮想ディスク 0」として作成されていることが確認できます。

list vdisk

list vdisk

8. 仮想ディスクをアタッチします。

attach vdisk

attach vdisk

※以下のコマンドでマウントした仮想ディスクが「Volume 1」としてマウントされている事が確認できます。

list volume

list volume

これで仮想ディスクの作成は完了です。
exit で diskpart を抜けます。
更に exit でコンソールを終了します。

exit diskpart

9. Windows Server 2012 のインストールを始めます。

install

インストール先として先ほど作成した仮想ディスクを選択するのですが、「このドライブに Windows をインストールすることはできません」という警告文が表示されます。
無視してインストールしようとすると、次のようなダイアログが表示されます。

warning 1

[OK] ボタンで閉じて続行します。

ファイルのコピーが始まりますので、インストールが完了するのを待ちます。

warning 2

10. インストールが終わり、再起動後、administrator のパスワードを設定し、ログインします。

password


login

デスクトップ画面が表示されました。

desktop

このように、diskpart で C ドライブとして作成した「VHD」ラベルのディスクはDドライブになり、仮想ディスクがCドライブとなっています。

disk drives

しかし、Cドライブの実態は、物理ドライブであるDドライブ内に存在しています。

vdisk in physical drive

以上で Windows Server 2012 の VHD ブートでのインストールは完了です。

公開日時: 2014年02月01日  18:21:45

このエントリーをはてなブックマークに追加
リモートデスクトップで接続先の Windows 8 をシャットダウンする方法 | Hyper-V Server 2008 R2 の環境を構築する

Windows技術情報の一覧に戻る

「仮想化技術」に関する他の技術情報
技術情報のカテゴリ

このページのトップに戻る