このエントリーをはてなブックマークに追加

スリープ中に Windows Update を実行する方法

対象プロダクト:Windows 8.1
カテゴリー:便利技

Mac は使用しない時は基本的にスリープ状態にしますが、OS のアップデートやタイムマシンでのバックアップはスリープ状態でも勝手に行ってくれます。
Windows 8.1 でもスリープ中に指定した時刻に Windows Update を実行させる事はできます。

同設定を有効にするためには、[コントロール パネル] から [Windows Update] を開き、左ペインの [設定の変更] のリンクをクリックし、[更新プログラムはメンテナンス中に自動的にインストールされます。] のリンクをクリックすると、[スケジュールされたメンテナンスによるコンピューターのスリープ解除を許可する] の項目があるのでチェックを入れ、[OK] を押します。
するとスリープ中であっても、[メンテナンス タスクの実行時刻] が来れば、Windows Update を試行します。

なお、Windows Update による各更新プログラムのインストール日時は、[Windows Update] の [更新履歴の表示] から確認できます。

公開日時: 2014年12月04日  01:38:08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10 Technical Preview の仮想デスクトップの使い勝手を検証 | Windows 8 / 8.1 の DSP 版は単体購入が可能

Windows技術情報の一覧に戻る

「便利技」に関する他の技術情報
技術情報のカテゴリ

このページのトップに戻る