このエントリーをはてなブックマークに追加

Game DVR でゲームを録画してみた

対象プロダクト:Windows 10
カテゴリー:検証

Windows 10 には Game DVR という機能が搭載しており、NVIDIA の ShadowPlay のようにフルスクリーンのゲームが録画できます。

準備

ゲーム録画機能の有効化

まず、XBox アプリを起動し、[設定] > [ゲーム録画] を開きます。
ゲーム録画で、ゲーム クリップとスクリーンショットを録画」を有効にします。

バックグラウンド録画

ゲームのプレイ中にバックグラウンドで録画」は自動録画機能で、「直前を録画」に指定した時間、直前の動画が保存されます。(最大10分)
手動で録画する場合は、特にオンにする必要はありません。

録画時間

また、「ゲームクリップ」で「最長録画時間」を1時間か2時間に設定しておきます。(最長2時間)
最大録画時間に達すると自動的に録画が停止されます。

オーディオ品質

初期設定ではオーディオのビットレートは 128 Kbps ですが、より高品質にしたい場合は、「オーディオ」の「オーディオ品質」より 192 Kbps にまで上げることができます。

マイク録音

ゲーム実況を行う場合は、「オーディオ」の「ゲーム クリップ録画時にマイク録音する」も有効にします。

動画の保存先

動画ファイルの保存先は、初期設定では [ドキュメント] > [ビデオ] > [キャプチャ] になっています。
保存先を変更するときはこの [キャプチャ] フォルダを任意の場所に移動します。
※[キャプチャ] は特殊フォルダになっています。

動画の品質

初期設定では「ビデオ品質」と「ビデオ解像度」は「標準」になっていますので、両方とも「高」に変更しておきましょう。

ビデオ品質の「標準」と「高」の違いは以下の通りです。
解像度 標準
1080p ​10 mbps ​20 mbps
​720p ​4.5 mbps ​9 mbps
※ビデオ解像度については、ゲームと同じ解像度で録画され、1080p以上の場合は1080pに自動縮小されるようです。
「標準」と「高」の違いについては情報が見つかりませんでした。

ショートカット

録画のための初期設定のショートカットは以下となります。 機能ボタンが付いているキーボードなどは割り当てておくと便利でしょう。 フルスクリーンの録画の場合に使うのは「Win + Alt + R」くらいです。
ゲーム バーを開くWin + G
録画するWin + Alt + G
録画を開始/終了Win + Alt + R
スクリーンショットを作成Win + Alt + PrtScn
録画タイマーを表示/隠すWin + Alt + T
マイク録音 オン/オフWin + Alt + M
※ちなみにフルスクリーンの場合、録画が開始しても何の通知もされず、開始したかどうかはわかりません。
但し、「Win + Alt + R」で録画を終了した際には、「ポロリン」という Windows の効果音が流れます。
この点は ShadowPlay の方が分かりやすいですね。

実際に録画してみる

「DOOM 3」を録画してみました。
Game DVR はフレームレート 30 fps で録画しますが、非常にきれいに録画できました。
フレームレート 30 fps は以前の YouTube の最大フレームレートと同じなので、YouTube にアップするのにも遜色はありません。
※なお、現在は YouTube は 60 fps に対応しています。このため最大フレームレートで YouTube に上げたい人には Game DVR は使えません。

公開日時: 2016年05月29日  10:35:01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Microsoft Edge でお気に入りバーのアイコンを並び替える方法 | 「.NET Core」はUNIXベースWindowsのリリースのための布石?

Windows技術情報の一覧に戻る

「検証」に関する他の技術情報
技術情報のカテゴリ

このページのトップに戻る