このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 8 アップグレード版でクリーンインストールする

対象プロダクト:Windows 8
カテゴリー:検証

Windows 8 のリテール版(パッケージ版)にはアップグレード版しかありません。
従来の Windows 7 までの Windows ではアップグレード版では DVD-ROM から起動してのクリーンインストールが行えず、アップグレード対象の Windows 上からインストーラーを実行する必要がありました。
※Windows XP 以前でもライセンスチェックのために、インストール時にアップグレード対象の CD-ROM の挿入を要求されました。

しかし、Windows 8 では以前の Windows のチェックは無くなったようです。
そのため、アップグレード版の DVD-ROM でも DVD-ROM から起動し、DSP 版と同様にクリーンインストールが行えます。

※但し、ライセンス上は、自作PCなどクリーンインストールを必要とする方は、DSP 版を購入する必要があります。

なお、この実質的な通常版、アップグレード版の統一は、Microsoft が Windows 8 で、一旦仕切りなおしを考えているのかも知れず、次の Windows 9 ではアップグレード版でのクリーンインストール不可の制限が復活する可能性は大いにあります。

公開日時: 2012年11月11日  09:28:08

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブートローダーの表示が英語になり文字化けした場合の修復方法 | スリープ状態から勝手にレジュームしてしまう場合の調査方法

Windows技術情報の一覧に戻る

「検証」に関する他の技術情報
技術情報のカテゴリ

このページのトップに戻る