このエントリーをはてなブックマークに追加

スリープ状態から勝手にレジュームしてしまう場合の調査方法

対象プロダクト:Windows 8
カテゴリー:トラブルシュート

Windows 8 でスリープ状態から勝手にレジュームしてしまうことがあります。
その場合の原因の調査方法です。

まず、[イベントビューアー] を開き [システムイベント] を確認します。
[イベントビューアー] はスタート画面で [すべてのアプリ] を表示し、[管理ツール] の中にあります。
次に [Windowsログ] > [システム] を開きます。
そしてスリープにした時間を確認し、スリープにした事を示すソースが [Kernel-Power] のログを発見します。
ログの名前:         System
ソース:           Microsoft-Windows-Kernel-Power
日付:            2012/11/12 20:44:48
イベント ID:       42
タスクのカテゴリ:      (64)
レベル:           情報
キーワード:         (4)
ユーザー:          N/A
コンピューター:       k8n_neo4
説明:
システムがスリープ状態になります。

スリープの理由: ボタンまたはカバー
次に、その後に記録されているソースが [Power-Troubleshooter] のログを発見します。
ログの名前:         System
ソース:           Microsoft-Windows-Power-Troubleshooter
日付:            2012/11/13 18:46:13
イベント ID:       1
タスクのカテゴリ:      なし
レベル:           情報
キーワード:         
ユーザー:          LOCAL SERVICE
コンピューター:       k8n_neo4
説明:
システムは低電力状態から再開しました。

スリープ時間: ‎2012‎-‎11‎-‎12T11:44:42.056255900Z
スリープ解除時間: ‎2012‎-‎11‎-‎13T09:46:00.076531700Z

スリープ状態の解除元: タイマー - Windows は、スリープ状態の解除を要求したスケジュールされたタスク 'NT TASK\Microsoft\Windows\Media Center\mcupdate_scheduled' を実行します。
上記の通り、今回は Windows Media Center のスケジュールタスクの実行が原因である事が分かります。

公開日時: 2012年11月13日  22:22:04

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 8 アップグレード版でクリーンインストールする | Windows 8 の「すべてを削除して Windows を再インストールする」機能を検証

Windows技術情報の一覧に戻る

「トラブルシュート」に関する他の技術情報
技術情報のカテゴリ

このページのトップに戻る