WSL2 を WSL1 にダウングレードした方法とその理由

対象プロダクト:Windows 11
カテゴリー:仮想化技術

この記事では Windows 11 の WSL2 を WSL1 に戻した方法とその理由について解説いたします。

WSL1 に戻した理由とは?

  • WSL から Windows ファイルシステム (NTFS) へのアクセス(ディスクI/O)が恐ろしく遅い
  • Linux の GUI アプリは特に使用しない

WSL1 に戻す方法

前提

まず、当然ながら Ubuntu の WSL のバージョンが「2」である事が前提です。現在のバージョンは「wsl -l -v」のコマンドで確認することができます。

>wsl -l -v
  NAME      STATE           VERSION
* Ubuntu    Running         2

また、WSL の既定のバージョンも「2」になっているので、これも「1」に戻します。

>wsl --status
既定のディストリビューション: Ubuntu
既定のバージョン: 2

手順

  1. [設定] > [アプリ] > [オプション機能] より [Windows のその他の機能] をクリックします。

  2. [Windows の機能] のダイアログが開くため、「Linux 用 Windows サブシステム」を有効にします。(無効の場合)

  3. 仮想マシン プラットフォーム」を無効にします。(任意)

  4. [OK] をクリックすると OS の再起動が求められるため再起動します。

  5. 再起動後、管理者権限でコマンドプロンプトを起動(スタートメニューから [ターミナル] を右クリックして [詳細] > [管理者として実行] をクリック)します。

  6. wsl --set-default-version 1」のコマンドを実行し、既定のバージョンを「1」に変更します。

    >wsl --set-default-version 1
    この操作を正しく終了しました。
  7. wsl --status」のコマンドで既定のバージョンが「1」であることを確認します。

    >wsl --status
    既定のディストリビューション: Ubuntu
    既定のバージョン: 1
  8. wsl --set-version ubuntu 1」のコマンドで Ubuntu のバージョンを「1」に変更します。

    >wsl --set-version ubuntu 1
    変換中です。これには数分かかる場合があります。
    この操作を正しく終了しました。
  9. wsl -l -v」のコマンドで Ubuntu のバージョンが「1」であることを確認します。

    >wsl -l -v
      NAME      STATE           VERSION
    * Ubuntu    Stopped         1

以上の手順で、WSL1 に戻ります。

NoteWSL の Ubuntu はそのままで OK です。(再インストール等は不要)

WSLをバージョン2に戻す場合は、「仮想マシン プラットフォーム」を有効にした上で同等の手順でバージョンを2に変更してください。

公開日時:2023年05月26日 19:25:44
最終更新日時:2023年07月24日 10:29:45

おすすめの書籍!
Windowsに詳しくなりたい方はマイクロソフト公式解説書である「インサイドWindows 第7版」がお勧めです。Windowsのアーキテクチャや内部構造の仕組み、背後で動作するコアコンポーネント等について詳細に解説されています。「Windows Internals, Seventh Edition」の日本語訳版です。

なお、Windows Server VPS選びで迷ったらこちらの記事で主要VPSのメモリ容量ごとの月額、年額料金、リモートデスクトップ(RDS SAL)、Microsoft Office SAL料金を比較していますので、是非参考にしてみてください。

Windows技術情報の一覧に戻る

「仮想化技術」に関する他の技術情報

このページのトップに戻る