Windows 10 に無償アップグレードした場合の再インストール方法まとめ

対象プロダクト:Windows 10
カテゴリー:インストール・アップグレード

一度Windows 10に無償アップグレードしたWindows 10はハードウェアIDなどを基にしたデバイス情報(マイクロソフトではデジタルライセンスと呼んでいます)をマイクロソフト側の認証サーバーで保持しており、再インストール時にライセンス認証は必要ありません。(自動でに認証済みになります)

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12440/windows-10-activationより引用

デジタル ライセンス (Windows 10 Version 1511 ではデジタル登録情報と呼ばれています) は、Windows 10 におけるライセンス認証方式で、プロダクト キーを入力する必要がありません。ライセンス認証済みの Windows 7 または Windows 8.1 から Windows 10 に無償アップグレードした場合は、プロダクト キーの代わりにデジタル ライセンスが提供されます。

以降、アップグレード前のOSをWindows 8.1としていますが、Windows 10への無償アップグレード対象であったOSはWindows 7、Windows 8.1であるため、下記のアップグレード前のOSは実際のOSバージョンに置き換えてお読みください。

自動認証される例

例えば以下のようなパターンも自動認証されます。
  • Windows 10のDVDからクリーンインストール(プロダクトキーは入力せずに進める)
  • リカバリでWindows 8.1 Homeに戻して再度Windows10 Homeにアップグレード
  • リカバリでWindows 10 Homeに戻して再度Proにアップグレード(Home上でProのプロダクトキーを入力する)
つまり、どのような過程を経ても、最終的にライセンス認証済みのWindows 10のエディションとプロダクトキーの状態に戻せば、認証は不要です。

例えば以下のように順番を変えても認証されます。

アップグレードした流れ:
Windows 8.1 Home → Windows 8.1 Pro に有料アップグレード(Windows 8.1 Proのプロダクトキーを購入して入れる) → Windows 10 Proに無償アップグレード

再インストール時の流れ:
リカバリでWindows 8.1 Homeに戻す → Windows 10 Homeにアップグレード → Windows 10 Proにアップグレード(Windows 8.1 Proのプロダクトキーを入れる)

どちらの場合も、最終的にWindows 8.1 ProのプロダクトキーでWindows 10 Proにアップグレードした状態であり、「ライセンス認証済みのWindows 10のエディションとプロダクトキーが一致している」ため、認証は通ります。

エディションの変更について

Windows 10でのプロダクトキーの変更はコントロールパネルの [更新とセキュリティ] > [ライセンス認証] より行えます。これはエディションの変更にも使用できます。

備考

※Windows 10のクリーンインストールの際はプロダクトキーの入力項目は空のまま進めます。
※Windows 10で認証済みのプロダクトキーが登録されていればWindows 10へのアップグレード時にはプロダクトキー自体を訊いてきません。
※大きくハードウェアの構成を変更した場合は、認証されない場合があります。

公開日時: 2018年12月24日  10:17:50

このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows.oldフォルダを削除する方法

Windows技術情報の一覧に戻る

「インストール・アップグレード」に関する他の技術情報
  • Windows 10 に無償アップグレードした場合の再インストール方法まとめ
    公開日時:2018年12月24日

このページのトップに戻る