Windows Insider Programをオプトアウトする条件について

対象プロダクト:Windows 10
カテゴリー:機能

Windows Insider Programに参加すれば、最新のInsider Preview(以下、プレビュー版)のWindows 10ビルドを使用することができます。
但しあくまでもプレビュー版であるため、完全にローカライズされていなかったり、動作が不安定、機能の使い勝手が悪いなどのリスクもあります。
そのため、Microsoft社側でも、本番環境ではなく検証環境で参加することを勧めています。
とはいえ一般のユーザーが必ずしも検証環境を持っているわけではないため、実環境で有効にして最新版を触ってみたい場合もあるかと思います。

個人的にはプレビュー版とはいえ、大きな不具合に遭遇したことはなく、仮に不具合があったとしても、マイナーアップデートで修正されると思っていますので、リスクというほどのリスクはないと考えています。

ただ、プレビュー版の場合は有効期限があり、有効期限切れになれば、システムは自動的に3時間ごとに再起動し、ライセンス有効期限後、2週間程度でそのビルドは起動しなくなります

つまり、プレビュー版をインストールしたなら、常に最新ビルドにアップデートし続けなければ使えなくなってしまいます。

Windows 10 Insider Preview の有効期限について」より

ビルドのライセンス有効期限が切れる約 2 週間前に、このビルドの有効期限が切れる警告を受け取るようになり、あなたは最新のビルドに更新する必要があります。
ビルド ライセンスの有効期限に達すると、システムは自動的に 3 時間ごとに再起動します。 ライセンス有効期限後、2 週間程度でそのビルドは起動しなくなります。

もちろん最新プレビューがリリースされればアップデートを行えば何ら問題ありませんが、しばらくPCを起動していなかったりなどすると、知らない間に有効期限切れになりWindowsが起動できないという場合もありえます。

特にプレビュー版はどれも大きなアップデートであるため、アップデートに1〜数時間程度はかかります。
そこまでしてプレビュー版を使用したくはない、Windows Insider Programから外れたいという場合もあるかと思いますが、Windows Insider Programから抜ける場合は、Windows Insider Programの設定の「プレビュービルドの受信を停止する」の「Windows 10 の次のメジャーリリースがインストールされたときにこのデバイスをフライティングからオプトアウトします」を有効にします。

また、「Insider の設定を選択してください」では、「Release Preview」を選択しておく必要があります。「スロー」や「ファスト」を選択している場合、次のメジャーリリース版を通り越して次のメジャーリリース版の後のプレビュー版をインストールしてしまいます。つまり永遠にオプトアウトされません。この罠に引っかからないように気をつけましょう。

つまり、もうお気づきかと思いますがすぐにはオプトアウトはできず、次のメジャーリリースまで待つ必要があります
メジャーリリースは年に2回、春と秋にリリースされる一般にリリースされるビルド(May 2019 Updateなど)を指し、最長でオプトアウトされるまでに6ヶ月程度待たなければならない可能性があります。

そのため、Windows Insider Programに参加する場合は、上記の条件についてよく吟味した上で決定する必要があるでしょう。

追記(2020/4/24)
「Insider の設定を選択してください」の「Release Preview」は、製品ビルドの状態でなければ保持されない(バグ?)ことが判明しました。つまりプレビュービルドを使用している場合、このオプションは使用できず、もし選択しても再度設定を開くと「スロー」に戻っていることが分かります。
このため「スロー」のまま使用し、製品ビルドのリリース間近になったら、プレビュービルドの更新通知が来ても無視し、次期製品ビルド以降のプレビュービルドに更新しないで待つ必要があります。(このときプレビュービルドの有効期限に注意)
正直オプトアウトするのにここまで手の混んだトリックを仕掛けているとは思いもよりませんでした。

追記(2020/8/12)
OSビルド 19608.1006 の時点では、「Release Preview」から「リリース プレビュー チャネル」に名称が変更されており、プレビュービルドでも設定が保持されるようになっています。これを選んでおけば良さそうです。
ちなみに「Dev チャネル」は製品ビルドに実装されるかどうかも分からない機能も含む本当のテストバージョン、「ベータ チャネル」はほぼ製品ビルドに近いベータバージョン、「リリース プレビュー チャネル」は完全な製品ビルド版をいち早く提供するチャンネルの位置づけのようです。分かりやすくなりましたね。

追記(2020/9/30)
例えば、以下のように2020/04/17にインストールされたDevビルドはバージョンは 2004、ビルド 19608 です。
また、5月27日に一般公開された May 2020 (20H1)はバージョンは 2004 ですがビルドは 19041 で、Devビルドはこれよりも後のビルドになります。つまり May 2020 はインストールされません。
その次のメジャーリリースとなるであろう October 2020 (20H2)の推定ビルドは不明ですが、少なくともバージョンは 2009 以降になると言われており、この 2004 のまま放置していれば、October 2020 のインストールでオプトアウトされるはずです。

公開日時: 2019年05月22日  21:36:53

Windows技術情報の一覧に戻る

「機能」に関する他の技術情報

このページのトップに戻る