Windows.oldフォルダを削除する方法

対象プロダクト:Windows 10
カテゴリー:便利技

Windowsのアップグレードや上書きで再インストールした際に、Cドライブ配下に前のWindowsのデータがWindows.oldフォルダに移動され残ります。
結構数十GBとか大きなサイズを占めるため削除したい人は多いと思います。
しかしだからといって、フォルダごとごみ箱に捨ててはいけません。
特殊なシステム関連の属性を持つファイルも含まれており、権限の問題で削除できないファイルが多数あり、削除に失敗するからです。

このWindows.oldフォルダを削除する場合は、[Windows管理ツール]内にある[ディスク クリーンアップ]を使用します。

まず、ディスク クリーンアップを起動し、ディスク クリーンアップを実行するドライブを選択します。(通常はCドライブ)

ディスク クリーンアップのウインドウが表示されて来たら、一旦下部の[システム ファイルのクリーン アップ]をクリックします。
対象のドライブを選択してOKボタンを押すともう一度ディスクのスキャンが始まります。
そして再度ディスク クリーンアップのウインドウが表示されれば、そこに「以前のWindowsのインストール」の項目が増えているはずです。
これにチェックを入れて、OKボタンを押しましょう。

ファイルを完全に削除するかを聞いてくるため[ファイルの削除]をクリックします。

これで、しばらくするとWindows.oldフォルダが完全に削除されます。

以上、Windows.oldフォルダを削除する方法でした。

公開日時: 2018年12月09日  00:18:11

Windows技術情報の一覧に戻る

「便利技」に関する他の技術情報

このページのトップに戻る